投稿日:2024年1月23日

鳶職人が守るべき作業着のルールとは

こんにちは!株式会社入山興業です。
長野県長野市を拠点に、足場屋として各種足場工事を行っています。
鳶職人が守るべき作業着のルールには、一体どういったものがあるのでしょうか。
そこで今回は、鳶職人が守るべき作業着のルールについて解説いたします。
足場工事の現場で活躍したい方は、参考にしていただければ幸いです。

体に合うものを着用

木造と足場
鳶職人が守るべき作業着のルールには、自身の体に合うものを着用することが挙げられます。
それは、上着やズボンの裾が機械に巻き込まれることや、突起物に引っ掛かることを防止するためです。
上着のボタンは止めるようにして、ズボンの裾や袖口を絞るようにしましょう。
またタオルを腰にぶら下げることや、首に巻き付けて作業を行うこともNGです。
タオルが機械に巻き込まれてしまったなら、大事故が起きかねないのです。
普段の服装であれば、大き目やぴったりとした物が好きだという方もいるかもしれません。
しかし、作業時にはジャストサイズの作業着を着用することが大事です。

清潔さを維持する

清潔さを維持することも、鳶職人が守るべき作業着のルールに該当します。
この点は、油のしみついた作業服は火が付きやすく危険だからです。
また、ほつれから出ていたくず糸が作業中に突起物に絡まる危険性もあります。
綻びなどについては、すぐに繕っておくようにしましょう。
そして身だしなみの観点では、日々着用する作業着ではあるものの、何着か用意して洗濯をしながら取り替えることが大事です。

肌の露出を控える

鳶職人が作業着を着用する際には、肌の露出を控えることもルールに当てはまります。
肌が露出した服装で作業を行うことは、大変に危険です。
例えば、足場のコブにぶつけて負傷することや、夏場に熱くなった足場材にうっかり触れてしまい火傷を負う可能性があるのです。
これは現場監督からも最初に注意を受ける項目となっていて、もしかすると今後作業を行えなくなることも考えられるでしょう。
そのため夏期や暑い場所でも、肌を出した状態で作業をしてはいけません。

【求人】入山興業では新規スタッフを募集中!

New job
株式会社入山興業では、新規スタッフを募集しております。
弊社では現場スタッフを求人募集しており、未経験者と経験者ともに歓迎いたします。
また弊社の業務は、法面足場工事やロックボルト工事、落石防護柵設置、建設足場工事などです。
長野市や千曲市において、足場工事で活躍したい方はお気軽に弊社にご応募ください。
意欲に溢れた方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社入山興業
〒388-2221 長野県長野市川中島町御厨558-8
TEL:026-285-0475 FAX:026-285-0478
※営業電話・セールスお断り


関連記事

鉄骨建て方工事ってどんなお仕事?

鉄骨建て方工事ってどんなお仕事?

こんにちは! 株式会社入山興業です。 弊社は、長野県長野市を拠点に活動する足場屋として、千曲市などに …

人の役に立つ仕事です!災害防止のための工事&災害復旧工事の求人

人の役に立つ仕事です!災害防止のための工…

人の役に立つ仕事です! 長野県長野市に事務所を構える株式会社入山興業では、長野県や関東エリア、北陸エ …

ライトドリフター吊り下げ鉄筋挿入工施工工事

ライトドリフター吊り下げ鉄筋挿入工施工工…

お問い合わせ  採用情報