投稿日:2024年1月26日

足場工事の職人が使用する道具をチェック!

こんにちは!長野県長野市や千曲市を中心に、足場工事を手掛けております足場屋の株式会社入山興業です。
足場工事の職人が使用する道具には、どういったものがあるのでしょうか。
そこで今回は、足場工事の職人が使用する道具について解説いたします。
足場工事の現場で働きたいと検討中であれば、参考にしていただければ幸いです。

ハンマー

腰道具
足場工事の職人が使用する道具には、ハンマーがあります。
ハンマーは足場工事の職人のマストアイテムであり、くさびを打ち込む際などに活用されます。
またハンマーにはさまざまな種類があるものの、足場用ハンマーは現場の状況を考慮した上で使い分けるのです。
特に、住宅密集地や騒音対策を施さなければならない時に使用されるのは、静音タイプのハンマーです。
静音タイプのハンマーが使用されるのは、打ち込む音が騒音につながるケースがあるためとなります。
そして、ハンマー部分以外の軽量化を図り疲れにくくなっているハンマーなどもあるでしょう。

クリッパー

鉄パイプや鉄筋などをまとめる針金(番線)を切るための工具が、クリッパーです。
番線とは、単管足場の補強などでよく使用されている太いワイヤーを指します。
またボルトカッターというのが、クリッパーの正式名称となります。
番線は普通のペンチでは切れないことから、クリッパーが必須です。
それだけ不可のかかる切断を行う工具であることから、クリッパーは2年から3年保ったなら長持ちとなるでしょう。
そして釘抜きなどの他の用途に使うことで、より寿命を短くしてしまうため注意が必要です。

スケール

スケールは、金属製のメジャーのことを指します。
長さの測定を行うだけでなく、直線を引く際に重宝するため鳶職人の現場ではスケールが欠かせません。
またスケールの多くは高所での使用が考慮されていて、落下しても壊れにくいように作られているため丈夫です。
そして作業で使用されるスケールは、幅25ミリで長さが5メートル程度のサイズが多くなっています。
なお実際に測定物に当てて使用することから、目盛り部分に汚れが付着することもあるため注意しましょう。

【求人】入山興業では新規スタッフを募集中!

JOIN US
株式会社入山興業では、新規スタッフを募集中です。
弊社では、法面足場工事や落石防護柵設置工事、ロックボルト工事、建築足場工事など多岐にわたる業務を手掛けております。
そのため、あなたに合う仕事を見つけて活躍していただくことができます。
長野市や千曲市において、鳶職として足場工事に携わりたい方は、お気軽に弊社にご応募ください。
やる気に満ちた方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社入山興業
〒388-2221 長野県長野市川中島町御厨558-8
TEL:026-285-0475 FAX:026-285-0478
※営業電話・セールスお断り


関連記事

ライトドリフター吊り下げ鉄筋挿入工施工工事

ライトドリフター吊り下げ鉄筋挿入工施工工…

ロックボルト工事ってどんなもの?

ロックボルト工事ってどんなもの?

こんにちは! 長野県長野市を中心に、千曲市などにて各種足場工事やロックボルト工事などを手掛ける足場屋 …

橋梁吊り足場って?普通の足場とどう違う?

橋梁吊り足場って?普通の足場とどう違う?

こんにちは! 長野県長野市に拠点を置き、千曲市などにて各種足場工事やロックボルト工事などを手掛ける足 …

お問い合わせ  採用情報